事業と仕事を知るBusiness Information

温浴事業Spa

温浴事業について

お客様に癒しとくつろぎのひとときを提供する
佐々木グループの温浴事業

温浴事業部では、温浴施設「ふくの湯」を運営し、福岡に2店舗、山口、長崎、大分に1店舗の計5店舗の温浴施設を展開しています。
具体的には以下の店舗を運営しています。

店舗一覧

ふくの湯 早良店:福岡県福岡市早良区小田部5-22-16
春日店:福岡県春日市下白水南1-147
稲佐山温泉 ふくの湯 長崎店:長崎県長崎市岩見町451-23
スーパー銭湯 さくら温泉 大分県中津市大字下池永正手64番地
フレスパランド カッタの湯 山口県宇部市海南町1675

特に長崎の「稲佐山温泉 ふくの湯」は、敷地面積3,900坪、建物面積1,200坪と、とても広くゆったりとした温浴施設であり、西日本の日帰り温泉としてご好評を得ています。

お風呂は、内湯、外湯、家族風呂などバラエティに富んだラインナップでくつろぎのひとときをご提供する一方、業界内でもリーズナブルな価格設定で、多くのお客様に愛され続けています。

温浴事業の仕事について

温浴施設「ふくの湯」の店長(店長候補)

温浴施設「ふくの湯」の店長(店長候補)をお任せします。まずはスタッフからスタートして仕事を覚え、副主任、主任、副店長、店長とキャリアアップしていきます。

【具体的な業務内容】

  • お客様の接客業務
  • スタッフの採用、育成
  • 業務改善に関する提案
  • 品質管理

【決してマニュアル通りの接客ではありません】

地域特性に合わせて「もっとこうしたほうがいい」というアイデア、改善案により柔軟にルールを変えていく風土です。お客様の年齢層も幅広く、そうしたお客様の多様なニーズにお応えしていくには、スタッフの自発的なアイデア出しは必要不可欠です。
と言っても、難しく考える必要はありません。
例えば、若いスタッフであれば、同世代の若いお客様が求めるものは何か?
結婚しているスタッフであれば、主婦の視点から改善できるポイントは何か?
など、みんなでそれぞれ意見を出し合い、より良いサービスをつくっていきます。

温浴事業で活躍する社員インタビュー