社員を知るStaff Interview

温浴事業Spa
佐々木食品工業株式会社
温浴事業部 副主任
村上 聖悟(2013年入社)

目標に向けて、自分の成長を常に認できる。

私は新卒で佐々木食品工業に入社しました。当社の数ある事業の中でも、この温浴事業部は店舗運営を通じて「経営」が学べると思い、志望しました。
当社の特徴として言えることは、常に「将来、どうありたいのか」という。自分の中のビジョンを考える機会を与えてくれているということ。日々、多くのお客様がいらっしゃる中では、目まぐるしく目の前の仕事だけに没頭してしまいがちですが、ふと長期的なキャリアを考えて、「今の自分は目標に近づいているのだろうか」と考えることができる機会が多いので、自己成長の場としてはとても適していると感じます。

お客様に長く愛される店舗づくり。

当社が運営する「ふくの湯」の特徴としては、意外に思うかもしれませんが、実はイベントなどを一切しないということがあげられます。一次的な値下げやイベントなどで短期的な集客をするのではなく、いつ来ても質の高い接客とサービスを提供することで、長期的にお客様にお越しいただくことを目指しているからです。そうすることでしっかり地域に根差した、愛される店舗をつくることができると考えています。実際に常連のお客様も多く、顔を覚えていただくことも…。顔なじみのお客様が増えた分だけ、やりがいも増えていく仕事なのです。
また、アルバイトスタッフが急にお休みとなった場合など、社員が休日にも関わらず出勤するというお店はよくあるかと思いますが、当社ではそういったこともありません。店舗スタッフは常にゆとりある人員でシフトを組んでいますので、スタッフみんなでフォローする体制ができています。こうしたシフト体制もまた、お客様がゆっくりくつろいでいただける環境づくりの一環と言えます。

店舗はスタッフ全員参加で運営する。

サービスの向上については、スタッフ一同、常に協力しながら進めています。たとえば、定期的に店舗運営に関する改善ミーティングを開いて、みんなの意見を店舗運営に反映しています。ミーティングの場では、地域特性に合わせて「もっとこうしたほうがいい」というアイデアや改善案がどんどん出てきますので、柔軟にルールを変えていっています。
お客様の年齢層が幅広いこともあり、お客様の多様なニーズにお応えしていくためには、スタッフの自発的なアイデア出しは必要不可欠です。とは言っても、難しく考える必要はありません。たとえば、若いスタッフであれば、同世代の若いお客様が求めるものは何か? 結婚しているスタッフであれば、主婦の視点から改善できるポイントは何か? など、それぞれの立場・視点だからこそ提案できる意見を出し合い、尊重しあい、より良いサービスへとつなげているのです。

MESSAGE入社を希望する方へのメッセージ

これは佐々木食品工業全体に言えることですが、各店舗に与えられる権限が非常に大きいです。チェーン展開をしている店では、本部で決めたことを各店舗が忠実に実行するというのが一般的かと思いますが、当社では、現場に一番近い声を尊重するという文化があります。そのため、自分たちの店を、自分たちの手でつくり上げているという実感も得られますし、当初目標としていた「経営」を学ぶという点でも非常に役に立っています。