社員を知るStaff Interview

通信販売事業Direct Marketing
佐々木食品工業株式会社
通販事業部
コールセンター担当
八田 美波(2015年入社)

説明会で感じた風通しの良さが、入社の決め手。

入社のきっかけは、新卒向けの会社説明会でした。熊本の大学に在籍していたので、熊本県か福岡県をメインに就職活動をスタートし、さまざまな会社の説明会に参加しました。最初は通販業界への興味はあまりありませんでしたが、合同説明会で通販業界を知る機会があり、業界リサーチを進めるなかで佐々木食品工業株式会社に出会いました。会社の良い部分だけを取り繕って話をする会社が多い中、説明会での専務と人事の担当者は、この業界のたいへんさや仕事の苦労まで、包み隠さず話をされていて印象的でした。その、嘘のない様子や風通しが良さそうな社風に安心感と信頼感を感じ、「この会社で働きたい!」と決意したのを覚えています。

未経験でも大丈夫。入社後はしっかり研修があります。

入社後、私たち新入社員はコミュニケーターとしての研修から始まり、実際にお客様対応を行いました。お客様とお話をするなかで、どのようなご要望があるのか、どのような知識が必要なのかということを学ぶためです。半年の受電研修後、健康食品の定期購入をご利用いただいているお客様専用の窓口へ配属になり、コミュニケーターの新人研修や教育などの管理業務を行っています。
私たちの部署が対応するお電話の内容は、ご注文はもとより、定期購入の停止や解約のお問い合わせ、商品の配送状況の確認など多岐に渡ります。どれだけ長く自社の商品をご愛用いただくか、お客様にどれだけ寄り添うことができるかということが大切になり、お客様の満足度を高め、自然食研のファンになっていただくことがメインの業務となります。お電話越しの「声」でのご対応となりますが、実は当社の「顔」となる仕事なので、やりがいは大きいですね。

まわりの人たちに励まされながら、成長中。

仕事をしていて嬉しい瞬間が、最近はどんどん増えてきました。コミュニケーターの悩みをもとに研修を実施した後、実際にその問題を解消できたと言ってもらえたり、その結果が数値に表れたりする瞬間にやりがいを感じます。アドバイスやアプローチの方法は、性格や人柄によって異なるので、普段からコミュニケーターとコミュニケーションをたくさん取るように心がけています。最近では、コミュニケーターのみなさんに、「みなみちゃん、みなみちゃん」って可愛がってもらうことも増えてきて、頑張っていてよかったなあと嬉しくなりました。自分のキャパを超えてしまうときは、今でもまだ泣いちゃうこともありますけどね(笑)。
一見すると、入社以降ハイペースで仕事を覚えていくように感じるかも知れませんが、半年で業務の大まかな流れをつかみ、現場の感覚を忘れないうちに責任ある立場へと進むことで、高いモチベーションを持って貪欲にチャレンジすることができていると感じています。これから後輩たちが入社してくるので、自分ができる仕事の幅を増やして、しっかりひとつひとつ考えながら行動できる先輩になりたいなと思っています。

MESSAGE入社を希望する方へのメッセージ

現在私は、さまざまな年代のコミュニケーターさんのサポートをしています。自分より上の世代の方ばかりだったので、最初は不安も多く、うまく仕事ができない自分が悔しくて、泣いてしまうこともありました。社会に出て働くということは、楽しいことばかりではなく、厳しいことの方が多いと思いますが、一緒に働いている人たちが温かいので、いつも励まされています。佐々木グループに入社して、本当にいい人たちに囲まれて仕事ができているなと感じています。