社員を知るStaff Interview

通信販売事業Direct Marketing
佐々木食品工業株式会社
通販事業部
コールセンター担当
小川 裕果(2015年入社)

チャレンジを評価する社風に惹かれました。

私は就活中、佐々木グル―プの会社説明会に参加して話を聞くうちに、社内の雰囲気や働く人たちの人柄に惹かれ、「この会社で働きたいな」と思ったのが入社のきっかけです。説明会では「下積みも長いし、キツイことも多いけど、チャレンジや頑張りを正当に評価して応援する環境だよ」という社風や、「男性も女性も関係ない!ひとりの人間として頑張りを認めて評価する会社だからね」という話を聞いて、「ここなら頑張りを見守ってもらえるのではないかな」と思いました。少人数の説明会もあり、面談のように親身になって質問や疑問に答えてもらえたので、不安感や違和感はありませんでしたね。内定式でさまざまな事業部の方と接したあとでもその印象は変わることなく、この環境で働けることを嬉しく感じたのを覚えています。

新人研修の経験が、今生きていると実感。

入社後はコミュニケーターとしての受電研修を半年間行い、現在は初めて商品をご購入いただく新規のお客様専用の窓口管理業務を担当しています。メインの業務内容は、コミュニケーターのサポートです。お客様にあわせた商品のご案内方法や、ご契約の状況に合わせたシステム入力についての相談が多く、その悩みに対して一人ひとりにシステムに対する研修や商品知識の資料集を使った新人研修を実施しています。
その際、入社後の研修や配属後の研修で、コミュニケーターとして働いていた期間が、いかに貴重で大切な時間だったのかと最近よく気づかされます。コミュニケーターの悩みや相談も、実際に自分がコミュニケーターとして受電していたからわかることもありますし、自分がそのときに経験したことや実践していたことが、アドバイスとして生きることが多々あるんです。そういう瞬間に出会うたびに、ムダなことはないんだなとか、そのときそのときを一所懸命頑張ってきてよかったなと感じ、経験値からアドバイスや行動ができることの強みを感じています。

世代を超えたお客様とのコミュニケーションを楽しむ。

私たちのお客様は年齢層も高いので、お電話でお話をしていて自分の知識が足りないと痛感することが多かったのですが、世代の違うお客様でも共通の話題でお話が盛り上がることもあるので、そういったきっかけを探せるように心がけています。私は旅行が好きなのですが、以前お電話を担当したお客様もご旅行されるのがお好きで、「ここの旅行先は楽しかったわよ〜」と教えていただいたり、私からオススメしたりとお客様とのコミュニケーションが盛り上がったときは、いつも嬉しいです。今後もお電話をいただいたお客様が満足してお電話を切っていただけるように、スタッフ全員がお客様の笑顔のために、心を込めて対応出来るコールセンターにしたいなと思っています。

MESSAGE入社を希望する方へのメッセージ

現在、私の部署ではさまざまな目標に対して部署のメンバーが一丸となって取り組んでいます。目標が明確になると、自分の仕事の影響や、数字の変化に対してとても敏感になれますね。たとえば、テレビCMやラジオの広告表現次第でお客様のリアクションや興味を持っていただくポイントが異なったりもするので、そういうことを考察しながら日々仕事に工夫をしていくのが楽しいですね。